スポンサーリンク

こどもにプレゼントしたい本は、「たいせつなこと」マーガレット・ワイズ・ブラウン作です。

子どもが、学校生活を始めると、自分と他者を意識し始めます。

和を尊ぶ日本では、協調性が尊重され、個性が育ちにくい傾向があります。

自分の個性を抑圧してしまうと、息苦しくなり、自分らしさを見失うことにもなりかねません。

自分であることに誇りを持って、息苦しくならないように、あなたがあなたであることの大切さを、この本を通して、シンプルに伝えられたら良いですね。

この絵本は、アメリカで半世紀も読み継がれている絵本です。

翻訳者は、内田也哉子さん、昨年亡くなった樹木希林さんの娘さんです。

最後のページにある手書きの言葉「あなたがあなたであること」は、本木雅弘さんの自筆です。

内田也哉子さんは、インターナショナルスクールに通われ、留学もされています。

この本は、長い海外生活の中で、大切にされていた本で、ご自身の子育てにも生かされているように感じます。

本の内容ですが、

グラスにとって大切なことは?から始まります。

何だろうといろいろ考えて、

導き出した答えは、

すけて見えること。

グラスにとって、すけて見えることが大切なこと。

スポンサーリンク

では、

スプーンは?

ヒナギクは?

雨は?

草は?

雪は?

りんごは?

風は?

空は?

靴は?

そして、あなたにとって大切なことは、「あなたがあなたであること」で、締めくくられています。

この本をプレゼントされた子どもは、自分について、あれこれ考えるかもしれませんし、

よくわからないと答えるかもしれません。

あるいは、よくわからないけれど、なんだかほっと安心する子どももいるでしょう。

自分がなんだかわからないモヤモヤは、誰にでもあることに思います。

ただ、あなたはあなたであり、唯一無二の存在であることが、この本から感じ取ることができれば、それでOKです。

子どもの可能性は、未知数です。

なんにでもないことが、あらゆる可能性を伸ばします。

今は、よくわからない存在だけど、あなたはあなたであることを大切にして行けば、きっとあなたらしさが自然と生まれてくるでしょう。

この本を通して、子どもが、自分の内面を見つめ、自分について考えるきっかけになれば良いですね。

→たいせつなこと (ほんやく絵本)Amazon

→たいせつなこと [ マーガレット・ワイズ・ブラウン ]Rakuten

スポンサーリンク