スポンサーリンク

受験生は、朝早くから、夜遅くまで、勉強に励む時期ですが、お腹が張って、苦しくて勉強に集中できないことがあります。

お腹にガスがたまり、授業や勉強に集中できなくなることは、受験生の悩みとして、実は、大変よくある症状です。

お腹が張る原因として、まず便秘が考えられますが、実は、ストレスや冷えが原因で、腸にガスがたまりやすくなります。

特に、受験生は、一日中椅子に座り、同じ姿勢で過ごすので、腸の動きが停滞します。

椅子もかたく、冷たいとしたら、腸にとっては、大変なストレスとなります。

ガスは、すぐ出した方が良いのですが、授業や講義を受けているので、中断して席を立つことや、トイレに行くことは難しいと思います。

そうなると、ガスは、行き場を失い、お腹の中をウロウロ、ゴロゴロするので、お腹が張り、苦しくなります。

少しでも早く勉強に集中したいなら、ガスは(おならは)、すぐに、トイレで出すことをお勧めします。

もし、勉強や講義を中断したくない場合は、一次的に、ガスを分解してくれる市販薬もありますので、常備しておくのが良いかもしれません。

【第3類医薬品】ガスピタン 36錠

スポンサーリンク

冷えと、緊張で、本番に、お腹にガスがたまり、問題に集中できなくなったら大変です。

備えあれば憂いなしで、今からガス対策、ズバリ、おなら対策を考えておきましょう。

お腹にガスを溜めないために大事なこと

1、受験生は、時間との勝負と言われているので、つい早食いになってしまいます。

早食いすると、実は、空気が胃の中に入りやすくなります。

空気はその後、腸に移動し、ガスとなります。

食事は、ガツガツしないで、ゆっくり、もぐもぐしましょう。

飲み物も、がぶがぶではなく、一口一口ゆっくりと飲みましょう。

2、善玉菌を増やし、腸内環境を整えましょう。

便秘や便の滞留時間が長いほど、ガスは発生しやすくなります。

ヨーグルト(ビフィズス菌)を食べ、お腹の善玉菌を増やし、ガスの発生を押さえましょう。

3、お腹を冷やさないようにする。

冷えは、腸の動きを弱めますので、暖かい服装に心がけ、カイロなどでお腹を冷やさないようにしましょう。

4、腸にガスを滞留させないため、軽い運動やマッサージをしましょう。脇腹を、軽くつまむように揉むと、腸の運動が促進されます。

また、ヨガのガス抜きのポーズを寝る前にすると、腸が刺激されて、ガスがたまりにくくなります。

赤ちゃんのポーズ

お腹を縮めて、腸を刺激するポーズ。

1、あお向けで、大きく息を吸い、両膝を抱える。

2、息を吐きながら、顔と両膝をできるだけ近づける。

3、1と2を繰り返したら、全身を緩め、だらりとする。

ヨガは、緊張と弛緩のポーズを繰り返すことで、体の血流をうながし、循環が良くなるので、デトックスや免疫力も上がります。

弓のポーズ

お腹を伸ばして、腸を刺激するポーズ。

1、両手で、両足を外側からもつ。

2、お腹で、体を支えるイメージ。

3、1と2を繰り返したら、うつぶせ寝で、体を緩め、だらりとする。

ポーズは、無理せず気持ち良いくらいで止めます。

腸が普段より、伸びたり、縮んだりする感じがすればOKです。

スポンサーリンク