スポンサーリンク

ダイソンのヘアドライヤー(Dyson Supersonic Ionic)は、4万8600円。

たかが髪の毛を乾かすだけに5万円のヘアドライヤーは、高いと誰もが思うでしょう。

しかしこれはかなりの優れものです。

髪の毛の成分であるケラチンは、150度以上の熱で、ダメージを受けます。

ダイソンのヘアドライヤーのインテリジェント・ヒート・コントロールは、100度を超えないよう設計されているので、まず熱で髪の毛が痛むことありません。

しかもデジタルモーターから送られるパワフルな大風量で、素早く髪を乾かすので、ドライヤーに長時間さらされる髪の負担を大幅に減らしました。

髪にとっては、濡れている状態が一番のストレスで、乾いている髪は強いのですが、濡れている髪は、もろく弱いです。

しかも、髪は、長く熱などの刺激を受け続けると、表面のキューティクルが剥げ落ちやすくなります。

ダイソンのへドライヤーは、今までの半分の時間で、髪を乾かし、熱によるストレスも最小限に抑えたことが、たいへん評価されます。

重さも、わずか630グラムで、持つのも楽で、軽いです。

さらに、ミクロの気流は、髪をつややかにします。

髪の毛が乾けば終わりと思っている人が多いと思いますが、実は、髪を美しく保つには、頭皮を素早く乾かすことが一番大事なのです。

頭皮を長く濡れた状態にしていると、細菌が繁殖しやすくなり、髪にも大変ストレスです。

ダイソンのヘアドライヤーは、頭皮まで、すばやく風が届くので、髪も頭皮も同時に早く乾きます。

髪の長い女性や忙しい時には、短時間で髪の毛が乾き、頭皮や髪に優しいのは、嬉しいですね。

残念なのは、値段が高いことだけですが・・・。

ただし、乾かす時間が半分に短縮されると考えれば、たとえ5分でも、一年間では相当な時間の節約になリます。

小さい子どもさんがいるご家庭では、子どもの髪を乾かすのも、大変なので、時短は、嬉しいですね。

スポンサーリンク

働く女性にも、タイムイズマネーで、髪を乾かす時間が短くなるのは、嬉しいかも。

その分、他のことに、時間が使えます。

自分では、ちょっと手が出にくい金額ですので、もし、パートナーからプレゼントされたなら、生活を楽に豊かにしようとする愛を感じる、たいへん嬉しい贈り物になると思います。

男性も頭皮ケアは大事ですので、風量と風流で乾かすダイソンのテクノロジーを試してみてはいかがでしょうか。

→【新品/在庫あり】ダイソン ヘアードライヤー Dyson Supersonic Ionic 収納バッグ付き HD01 ULF IIF GYBAG [アイアン/フューシャ]Rakuten

→ダイソン ヘアードライヤー Dyson Supersonic アイアン/フューシャ/ペールピンク HD01ULFIIFPINK Amazon

スポンサーリンク