スポンサーリンク

人間は、一晩に約20〜30回寝返りをすると言われています。

それは、同じ姿勢を続けると、そこだけ圧迫されて、血液やリンパが流れず、循環が滞り、栄養が届かなくなるからです。

つまり、体のためには、寝返りがしやすいマットレスが良いということになります。

そのほかに、寝心地や耐久性など、快適な眠りを求めて、マットレスを試して、感想をまとめました。

マニフレックス メッシュウィング

マニフレックスは、イタリアのメーカーで、マットレス、布団タイプ、敷パットなどがあります。

素材は、高密度弾性素材のポリウレタンフォーム「エリオセル」です。

エリオセルは、呼吸する構造になっていて、蒸れず、耐久性も高く、長期間使用してもへたることがありません。(10年保証)

寝心地として、高反発で、寝返りがしやすく、体もほとんど沈みません。

体をマットレスが下から支えてくれる感触で、正しい姿勢を保つことができるので、腰痛改善で買われる方もいます。

通気性もよく、暑い日本の夏でも、熱を逃がしてくれます。

難点は、重量感があることです。

メッシュウィングは、三つ折りになっていますが、持ち上げての移動は、重く感じます。

マニフレックスの高反発のマットレスは、体の大きい人や、筋肉がある方、スポーツ選手に人気です。

お相撲さんや野球選手が多く愛用しているようです。

女性やお年寄りには、かたく感じるかもしれません。

エアウィーヴ 四季布団

スポンサーリンク

素材は、太さの違うポリエステル素材を組み合わせたエアーファイバーで90%空気です。

エアファイバーは、高反発ですが、しなやかさのある反発力なので、体の動きに添うかんじです。

通気性が大変よく、熱がこもらず、湿気も逃がします。

四季布団は、3つに折りたためます。

エアーファイバーは、通気性が非常に良いので、カバーは、両面仕様になっていて、夏用の面はメッシュ地で涼しく、冬用の面は暖かいキルト地になっています。

四季布団は、4.5㎝のエアファイバーですが、マットレスは、2.5㎝から5.0㎝まであり、用途により選べます。

素材は、ポリエステルなので、熱に弱く、40度以上の熱を加えると変形する可能性があり、注意が必要です。

耐久年数は、約8年。

エアウィーヴは、テニス選手に愛用者が多いようです。

高反発でも、しなやかな復元力なので、寝返りを優しく助けます。

清潔で、程よい反発力です。

トゥルースリーパープレミアケアスタンダードタイプ

低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」(ウレタン素材)です。

低反発マットレスは、弾力性・復元力に優れています。

トゥルースリーパーは、抗菌・防カビ仕様。

トゥルースリーパーは、マットレスが体の凹凸に合わせて自在に変形し、体全体を優しく包み込みます。

点ではなく面で支えるので圧力が分散され、体への負担が軽減されます。

ウレタン素材なので、通気性はあまり良くなく、夏は暑いと感じるかもしれません。

体を包む感じなので、寝返りがしにくいと感じる人がいるかもしれません。

体の形にマットレスが変形しますので、体が気持ちよくマットレスに沈み、寝入りは良い感じはします。

耐久性は、約3~5年。

まとめ

寝返りがしやすいマットレスは、高反発素材。

高反発素材でも、素材により、反発力は様々。

体を包み込みような低反発素材は、寝心地は良いが、寝返りするための反発力は弱い。

スポンサーリンク