スポンサーリンク

友達や家族が元気がない。

食欲がないようだ。

眠れていなようだ。

何か悩んでいるようだ。

でも、どう接したら良いか分からない・・・。

そんな時はありませんか?

悩みとは?

人間関係の悩み

友人関係、家族関係、男女関係

いじめ、SNS

成績、進路、就活

仕事、アルバイト、ハラスメント

健康面、体調不良、精神的不安定

金銭

サイン

明るく振舞っているが、ふとした時に表情が暗くなる。

元気がない。表情が少ない。顔がうつむき気味。

声のトーンが低い。

友達や家族と口をきかなくなった。

付き合いが悪くなる。孤立している。

死にたいと口にする。

いつもと違う行動や様子。

どうしたら良いの?

1、気づく

孤立している人の多くは、悩みを相談できず、一人で抱え込んでいます。

家族や友人で、気になるサインを出している人はいないか、小さな気づきが、大きな救いになるかもしれません。

2、声をかける

まずは、挨拶からでも、声をかけましょう。

「おはよう」「体調はどう?」「最近どう?」「お疲れ様」「変わりない?」

挨拶に一言添えるだけで、悩みを話すきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク

進んで話しかけることで、距離が身近に感じ、相手にとっては、話しやすくなります。

3、聞く

1対1で、ゆっくり話せる静かな場所で、真剣に向き合って、相手の気持ちを尊重し、否定せず聞きましょう。

カウンセリングマインドが大事です。

4、探す

話を聞いたなら、孤立しないように、相手にとって、支えてくれる仲間、先生、家族、親戚など、探しましょう。

また、必要な知識もいろいろ探しましょう。

5、相談する

必要があれば、相談できる窓口や専門家(医療機関・保健所・警察)につなぎましょう。

「こんなところがあるよ」「こんな本があるよ」「こういう事例があるよ」と情報を伝えるだけでもOKです。

6、見守る

悩みを抱えた人が元気になるまで、時間がかかることがあります。

必要があれば話を聞いて、一緒に考えることを伝え、今まで通り、自然に声をかけていきましょう。

解決を焦らないこと、信じて待つこと、暖かく見守ることが力になります。

注意したいこと

悩みを聞いてあげることで、心はずいぶん軽くなります。

その人が自分で道を切り開いていけるように、その人の立場に立った、支えが大事です。

安易な励ましや叱責は、時には、弱った心を傷つけてしまうかもしれません。

悩んでいるひとが、自分で答えを出すために、何かをするのではなく、ただそばにいて見守ることが大きな心の支えになることでしょう。

スポンサーリンク