スポンサーリンク

正しい髪の洗い方を聞いたことがありますか?

美容師さんに聞くと、正しくは、髪を洗うのではなく「頭皮を洗う」のだそうです。

びっくりですね。

頭皮の毛根に詰まった汚れを落としてあげることが、きれいな髪、丈夫で抜けない髪を作るコツだそうです。

抜け毛や薄毛、細い毛、髪の量やボリュームに悩んでいる方は、ひょっとしたら、間違った洗い方をして、髪にストレスをかけたり、毛根の汚れ落ちが不十分だったのかもしれません。

これからは、正しい頭皮の洗い方をマスターして、髪の毛が育つ環境を作ってあげましょう。

正しい頭皮のあらいかた

1、まずは、38度から39度ぐらいの温水シャワーを、1分半〜2分ぐらい、髪全体にかけます。

両手で、頭皮を軽くマッサージするようにすると良いです。

これで、髪や頭皮の汚れは、7割ほど落ちます。

2、次に、シャンプーを適量とり、あわ立てます。

泡立てネットや泡立てスポンジを使うと泡が簡単にできます。

シャンプーをよく泡立てることが、ポイントです。

泡を髪に乗せ、頭皮に届くように、軽くマッサージします。

シャンプーは、ミネラル入りのシャンプーを使うと、洗うと同時にミネラル成分が頭皮に届きます。

髪をゴシゴシするのは厳禁です。

スポンサーリンク

髪は、濡れている状態が、一番弱いので、髪同士をこすると切れ毛の原因になります。

髪の汚れは、こすらなくても流れていくので、あくまでも頭皮を優しくマッサージして、毛根の汚れを落とすことが重要です。

3、次は、頭皮をマッサージするようにシャンプーを流します。

4、リンスやコンディショナーは、頭皮ではなく、毛先につけるようにしましょう。

5、髪も頭皮も濡れた状態が一番ストレスです。

出来だけ早く乾かしましょう。

髪は、ドライヤー熱に弱いので、乾かす前に髪にオイルを軽くつけると保護できます。

ドライヤーは、あまり髪に近づけすぎないようにしましょう。

頭皮は、濡れた状態で長く置いておくと、雑菌が繁殖して、毛根を痛めます。

髪も頭皮もなるべく早く乾燥させてあげましょう。

まとめ

毛根をきれいに洗うことが、抜け毛や薄毛予防で一番大事なこと。

まずは、温水シャワーで、髪と頭皮の汚れを十分流しましょう。

シャンプーは、十分泡だてて、毛根に泡が届くように、頭皮を優しくマッサージしましょう。

髪は、ゴシゴシこすらず、シャワーで流すだけで十分汚れは流れます。

髪も頭皮も濡れた状態が、一番のストレスなので、洗髪後はできるだけ早く、乾かしてあげましょう。

髪も頭皮も、ドライヤー熱が苦手です。

髪はオイルで保護したり、ドライヤー熱から、少し離して乾かしましょう。

毛根の汚れをきれいに取ることが、髪が育ちやすい環境を作り、抜け毛や薄毛予防、美しい髪を作る基本です。

泡シャンプーで、頭皮洗いをすると、毛根の汚れ落ちが格段に違いますので、ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク