スポンサーリンク

肥満や、肌トラブル、便秘など、腸内細菌が関係する問題はいろいろあります。

腸の状態をいかに健康に保つかで、体の状態は大きく変わってきます。

今回は、腸とダイエットの関係について調べてみました。

理想的な腸の状態とは?

腸壁には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が住んでいます。

顕微鏡を使うと、この状態がまるでお花畑のように見えるので、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

バランスの良い腸内フローラを保つことがの良い腸内環境になります。

良いバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割です。

善玉菌は、体に良い働きをします

代表的なものは、乳酸菌(ビフィズス菌など)で、悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、お腹の調子を整えます。

悪玉菌は、体に悪い働きをします

腸内で有害物質を作り出します。(ウェルシュ菌病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など)

悪玉菌が増えると、下痢や便秘などお腹の調子が悪くなります。

どちらにも属さない日和見菌

善玉菌・悪玉菌の優勢な方に同調します。

理想的な便通とは?

腸の状態は、人それぞれです。

本来、食べ物が消化され、排便するまでかかる時間は、24時間と言われます。

便の回数は、日本大腸肛門病学会によると、1日3回から3日に1回までは、正常の範囲とされているようです。

理想的な便の水分量は、70%〜80%です。

便秘は、食物繊維が少ない、腸のぜん動運動が少ないなどが原因として上げられます。

軟便は、腸の運動が過剰になり、腸が十分に水分の吸収が行えないことなどが原因として上げられます。

腸内環境を良くするためには?

腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが大切です。

スポンサーリンク

そのために大事なのが、乳酸菌、食物繊維、水分です。

乳酸菌

乳酸菌は、腸の中で乳酸と酢酸を作り出し、悪玉菌の増殖や定着を防ぎます。

乳酸と酢酸は、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にして、排便を促します。

乳酸菌が多く含まれる食品は、ヨーグルトや乳酸菌飲料です。

味噌や漬物などの発酵食品にも含まれています。

乳酸菌入りのサプリメントや青汁などもあります。

食物繊維

食物繊維には、水溶性と不水溶性があります。

食物繊維は、腸内の成分を繊維に巻き込んで、便として外に出す働きをします。

水に溶けない不溶性食物繊維は、穀類、豆類、芋類です。

水溶性食物繊維は、海藻、果物、野菜の多くに含まれ、善玉菌の餌になります。

食物繊維入りのサプリメントや健康飲料もあります。

水分

理想的な便の水分量は、70%〜80%です。

水分不足は、便秘のもとになります。

起床時に水分を取ると便意を促します。

腸とダイエットの関係

腸に悪玉菌が増えてしまうと便秘や下痢の原因になり、むくみや血行不良を引き起こします。

むくみや血行不良は、体に酸素や栄養を運びにくくして、代謝機能を阻害します。

また、腸機能が低下すると、肝臓に負担がかかり、代謝機能が低下します。

人間は、代謝が悪いと糖や脂肪をエネルギーへと変換しにくくなり、痩せにくくなります。

腸内をきれいにして、代謝をあげることは、ダイエットには、必須です。

まとめ

良い腸内環境とは、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7の割合。

善玉菌より悪玉菌が増えてしまうと、日和見菌が悪玉菌に味方して、腸内環境は、一気に悪化します。

悪玉菌が増えると、悪玉菌は有害物質を作り出し、肌トラブルや便秘、代謝機能を低下させ、肥満を引き起こします。

腸内環境を良好にするため、毎日、乳酸菌、食物繊維、水分を取りましょう。

スポンサーリンク