スポンサーリンク

弾けるようなプルンプルンのハリ肌と引き締まった小顔は、女性の憧れです。

年齢を重ねるほど、ハリは失われて、たるみが気になります。

どうしたら少しでも、若々しく引き締まった小顔を目指せるのでしょうか。

気になるのはまず、顔についている皮下脂肪で、特に顎の下が気になりますね。

たるみを防いで、老け顔にならないための予防策を考えてみました。

小顔を作るためのポイント

引き締まった小顔を作るために、まずは、マッサージなどで、顔のリンパを流すことが必要です。

リンパの流れが良くなると、血行が良くなり、顔のむくみがとれ、顔色がワントーン明るくなります。

また、表情筋の衰えが顔の印象を左右しますので、表情筋を鍛えることも重要です。

口角をあげることは、明るい表情に見えるだけでなく、頬の筋肉のたるみ予防になります。

また、カラオケや歌うことも表情筋をよく使いますので、衰えを防ぐことができます。

普段から、よく噛むことや、よく笑うことも、表情筋を動かして鍛えることに繋がります。

ハリ肌を作るための美肌成分

ハリ肌を作るには、たんぱく質やコラーゲン、良質なアミノ酸が必要です。

また、細胞に水分は欠かせないですし、水分の蒸発を防ぐ油分は絶対に必要です。

コラーゲンや良質なアミノ酸(プラセンタ)、水分、油分は、ハリ肌を作るためには、必要不可欠なので、化粧品で補うことは、大事なポイントです。

最近は、美容成分が肌の奥深くまで浸透するような化粧品がいろいろ出ており、成分に注目して、選べるようになりました。

効果的な化粧品でのケアを続けるためには、良質な成分がきちんと入っているか、肌に浸透するように工夫されているか、厳選する必要があります。

スポンサーリンク

普段から、化粧品の成分には何が入ってるか、表示を注意してみて、自分に効果的なアイテムを厳選しましょう。

年齢を重ねるごとに、ハリ肌に必要なコラーゲンや水分、油分は、どんどん失われていきますので、補給を怠ると、ゴワゴワのシワ肌になってしまいます。

肌に悪いもの

砂糖は肌を老化させます。

皮膚の柔軟組織を形成するコラーゲンとエラスチンは、砂糖と結びつくと、糖化が起こり、固くなってしまいます。

つまり、シワの原因になります。

甘いものは、女性にとって敵というのは、肌を老化させてしまうからなんですね。

なので、甘いものが欲しい時は、ビタミン豊富な果物をとれば、肌の老化予防にもなり、シミ対策にもなり、良いことばかりです。

肌に必要なもの

人間の体の60%は、水分でできています。

水分は、生命を維持するためには不可欠ですが、ハリ肌を維持するためにも、必須です。

一日一リットルは、飲むようにしましょう。

美肌に必要なタンパク質

タンパク質は、ハリ肌を作る大事な材料でもあるので、毎日きちんと摂ることを意識しましょう。

成人女性が、1日に必要なタンパク質の量は、50グラムです。

忙しい女性にありがちなこととして、おにぎりだけとか、パンやコーヒーだけで、食事を終わらせてしまいがちです。

忙しい女性ほど、たんぱく質は必要です。

ぜひ、体のためにも、美肌のためにも、意識してタンパク質を取りたいものです。

卵1個で、たんぱく質は約6g

鶏胸肉一枚で、たんぱく質は約21g

鮭一切れで、たんぱく質は約22g

納豆1パックで、タンパク質は約8g

木綿豆腐3分の1で、タンパク質は約6g

牛乳1カップで、タンパク質は約7g

まとめ

老け顔やたるみを予防するために、リンパを流し、表情筋を鍛える。

ハリ肌には、コラーゲンや水分、油分は必要なので、不足は化粧品で補う。

砂糖は、肌を老化させるので、ビタミン豊富な果物を取るようにする。

水は、一日一リットル飲む。

1日50gのタンパク質を取って、肌に必要な栄養素をきちんと取り入れましょう。

スポンサーリンク