スポンサーリンク

遺伝子検査の研究が進み、日本人の肥満に大きく関わっている3種類の肥満遺伝子があることがわかりました。

どのタイプの肥満遺伝子に当てはまるかを調べることで、自分に合ったダイエット法やエクササイズを知ることができます。

日々の運動や生活習慣の見直しに加え、肥満遺伝子型のダイエットを行えば、効率よく成果が出る可能性があります。

検査でわかる3つのダイエットタイプ

りんご型

りんご型の人は、インスリンの分泌能力が低下しやすい。

インスリンは、糖の代謝や体脂肪の蓄積を促進するホルモン。

また、余分な糖質をエネルギーとして蓄える白色脂肪細胞も多く、お腹周りが太りやすくなります。

そのため、ご飯や甘いものを食べ過ぎると、内臓脂肪がつきやすくなります。

りんご型のダイエットのポイントは?

ジョギング、サイクリング、ウオーキング、水泳、エアロビクスなど、有酸素運動で内臓脂肪を燃焼させるのが効果的。

食べ物は、低糖質食(GI値の低い食品)、食物繊維の多い食材がおすすめです。

栄養素としては、糖質をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1やビタミンB3(ナイアシン)がおすすめ。

サヤエンドウ・ブロッコリー・豆苗・きのこ類・雑穀米・納豆・卵・マグロ・たらこ

洋なし型

洋ナシ型の人は、熱産生機能が低く、脂肪を燃焼する力が弱い。

そのため、脂っこいっものを食べ過ぎると、下半身に脂肪がつきやすくなります。

また、下半身の体温の低下がおきやすく、冷えやむくみになりやすい。

洋ナシ型のダイエットのポイントとは?

ジョギングやウオーキングなどの軽い有酸素運動後に、下半身を引き締めるエクササイズ(スクワット)やウエイトトレーニングで筋肉量を増やすのがおすすめです。

食事は、なるべく脂肪を控え、脂肪の燃焼を助けてくれるビタミンやミネラルが不足しないようにする。

栄養素としては、糖質や脂肪を分解するビタミンB2や脂肪の分解を促進するカルニチンやカプサイシン、血行を促進し、冷えを解消するショウガオールがおすすめ。

スポンサーリンク

干し椎茸・納豆・アーモンド・うなぎ・カレイ・ズワイガニ・わかめ・卵・牛乳・ショウガ・唐辛子

バナナ型

バナナ型の人は、食事で摂取した糖質・脂質・タンパク質がエネルギー源として早く利用されてしまうので、筋肉がつきにくい。

そのため、筋肉の維持に必要なタンパク質をしっかり取ることが必要です。

バナナ型のダイエットのポイントとは?

筋肉がつきにくいので、一度太ると痩せにくくなります。

そのため、筋肉に負荷をかけたウエイトトレーニングが効果的。

ダンベル、腹筋、背筋、腕立て伏せなど、家でできる運動で良いので、筋肉を鍛える運動がおすすめです。

食事は、タンパク質をしっかり取ること、タンパク質の代謝や合成に関わるアミノ酸やビタミンB6をバランス良く取る必要があります。

鶏肉・レバー・カツオ・マグロ・サンマ・バナナ・ニンニク・米

→【店内P最大15倍以上&400pt開催】最先端の遺伝子検査で効率的なダイエット【DHC直販】【遺伝子ダイエット】 送料無料 ダイエット対策キット DHCの遺伝子検査 well | 遺伝子検査 遺伝子検査キット ダイエット 検査 遺伝子 ディーエイチシー DHC 検査キット dna

スポンサーリンク