スポンサーリンク

京都随一の花見の名所といえば、「花の醍醐寺」と周辺寺院を巡る王道コースです。

醍醐寺は、豊臣秀吉が盛大な花見をしたことでも知られる名所です。

五重の塔を飾るように咲き乱れる桜は、京都でしか見ることができない景色です。

歴史に想いを馳せ、今咲き誇る桜に想いを馳せると、壮大な歴史ロマンを感じ取ることができます。

醍醐寺 豊臣秀吉が花見をした名所(世界遺産・国宝)

京都市伏見区醍醐東大路町22 地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分

075-571-0002

桜の見どころ

・霊宝館の大枝垂れ桜
・憲深林苑
・三宝院
・伽藍の金堂横
・五重塔付近の大きな枝垂れ

●開門時間 春期・・・午前9時〜午後5時まで

※拝観券の発券は閉門1時間前まで(各所入場は閉門30分前まで)

●拝観料・・・大 人 1,500円 中学・高校 1,000円 小学生以下 無料

スポンサーリンク

隋心院 小野小町ゆかりの寺院

京都市山科区小野御霊町35 地下鉄東西線小野駅から徒歩5分

075-571-0025

桜の見どころ

歌人 小野小町ゆかりの寺で、総門の桜が見事。

「小野梅園」では、遅咲きの梅が楽しめる。

随心院はねず踊り

随心院のはねず踊りは、京都の春の風物詩です。

はねず踊りは、小野小町と深草少将との恋物語・百夜通い(ももよがよい)を題材にした踊りです。

奉納舞は、2019年(平成31年)3月30日(土曜日)14:00予定

●営業期間 公開:9:00~16:30

●拝観料 500円

勧修寺

京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6 地下鉄東西線小野駅から徒歩6分

075-571-0048

桜の見どころ

醍醐天皇の生母 藤原胤子(いんし)をともらうため創建される。

薄桃色の桜が境内を包み、氷室池付近には、フジやカキツバタ、スイレンの花が咲く。

桜以外の花も楽しめるところ。

●拝観・開館時間 9:00~16:00

●拝観料 400円

スポンサーリンク