スポンサーリンク

年齢とともに、シミやくすみ、毛穴の開きは、仕方ないと諦めていませんか?

子育てや仕事、おつきあい、親の介護など、ついつい忙しく、スキンケアに時間が取れないと諦めていませんか?

アラ40でも、アラ50でも、アラ60でも、素肌が綺麗な女性には、共通点があります。

ちょっとした心がけとお手入れで、肌は答えてくれます。

理想は、シミやくすみがないピンとした肌ですが、年齢とともに体調が肌に出やすくなります。

だからこそ、毎日の心がけとお手入れで、健康的な美肌を目指したいですね。

美肌の条件とは?

シワがない

キメが細かい

弾力がある

赤みがない

シミがない

水分量がある

美肌つくりに欠かせない4つの習慣

1、どんなに忙しくても、保湿は、欠かさない。

シワがなく、キメが細かく、弾力があり、水分量がある肌を作るには、絶対に肌を乾燥させないことが大事です。

乾燥対策が美肌を作る基本です。

特に、年齢を重ねるほど、乾燥肌になりますので、日々の保湿は徹底的に。

洗顔や入浴後は、すぐ保湿。

スポンサーリンク

日中もミスト化粧水などで、肌の乾燥には、注意しましょう。

また、日頃から、体の中の水分量も意識して、喉が乾く前に、こまめに水分を取りましょう。

2、紫外線は、絶対にダメ。

どんなに忙しくても、365日UVケアは、忘れずに。

外出の予定がなくても、朝のスキンケア後は、UVケアを忘れずに。

外出するときは、日傘、サングラス、帽子は、忘れずに。

特に夏に外出するときは、こまめにUVケアが出来るように、日焼け止めは常にカバンの中に入れておきましょう。

3、ビタミンCを積極的に取り入れる

ビタミンCは、肌や体の調子を整えてくれる頼もしい存在です。

美肌は、健康な体があってこそ作られます。

日頃から野菜をたっぷりとる習慣に心がけましょう。

新鮮な野菜にはビタミンCだけでなく、腸のデトックスに良い食物繊維やミネラルも豊富です。

特に、日焼けした直後には、ビタミンCが肌の回復には必要なので、食事に気を使い、体の中から美肌づくりに心がけましょう。

4、オイルを取り入れる

肌もそうですが、髪も爪も、乾燥がバリア機能を失わせ、肌トラブルを起こします。

年齢とともに、肌は乾燥していくので、適度な油分が必要です。

スキンケアの最後には、オイルで肌を乾燥から守り、バリア機能を高めてあげましょう。

スポンサーリンク