スポンサーリンク

難聴は、年を重ねるにつれ、誰でも起こりうるものです。

聴力の低下は、30代からすでに始まっており、難聴が進むにつれ、聞こえる音が減っていきます。

加齢による難聴は、一般的に高い音から聞こえが悪くなります。

あいうえおの母音は聞こえるが、子音を聞き取る力が低下していきます。

例えば、しちじ(7時)と いちじ(1時)の聞き違いがある。

難聴のサイン

自動車の中での話がよく聞こえない。

人の話し声が小さく感じる。

携帯の呼び出し音に気付かないことがある。

テレビの音が大きくなった。

大声で話す。

声をかけても返事がない。

何度言っても気がつかない。

同じことを繰り返して聞くようになった。

会議や習い事で話が聞き取れない。

電話の声が聞こえずらい。

話が、すれ違う。

勘違いが多くなる。

聴覚情報と脳の関係について

会話(コミュニケーション)は、耳に言葉が入ることから始まります。

耳で、言葉を聞いて、脳で考え、言葉を返します。

つまり、耳に入る情報は、脳が考えるための大事な情報源です。

また、耳で得た情報により、楽しい、嬉しい、悲しい、怒りなどの情動を引き起こします。

聴覚が衰えるということは、コミュニケーションが困難になり、危険の察知や周辺環境の把握が難しくなります。

スポンサーリンク

大事な情報が得られないことで、不安や憂鬱、意欲の減退、楽しみの制限、孤立がおこります。

そのため、人との交流や社会との関わりが減り、思考や認知機能の低下に繋がります。

難聴が進むとどうなるか?

会話の聞き取る力が低下すると、コミュニケーションが億劫になってきます。

聞こえないことがストレスになり、イライラし、情緒が不安定になります。

人と話すことが嫌になり、引きこもりや社会からの孤立化が起こります。

聞こえないことで、注意力や記憶力が低下します。

聞こえの目安

軽度・・・二度聞きしたり、聞き間違えることがある。(認知症リスク2倍)

中等度・・・大きめの声でなければ聞き取れない。(認知症リスク3倍)

高度・・・耳元での大声でなければ聞き取れない。(認知症リスク5倍)

重度・・・耳元での大声でも聞き取れないことがある。

補聴器の必要性について

難聴の進行をそのままにしておくと、コミュニケーションや情報が不足し、どんどん孤立していきます。

最終的に、認知機能の低下や鬱を発症するリスクも高まります。

補聴器で、音を脳に届けることで、会話が活性化し、思考が充足し、心理的に安定し、生きる意欲・社会への参加意欲も高まります。

補聴器を上手に使いこなすために、軽度からの使用が理想です。

補聴器の形、仕組み、値段、お手入れ、選び方で注意することについての記事もあります。

スポンサーリンク