スポンサーリンク

瀧安寺の桜

京都に来たら是非とも訪れたいのが日本庭園です。

世界を魅了する日本の庭が京都にはたくさんあります。

京都が誇る日本庭園と桜が同時に楽しめるオススメの名所4つをご紹介します。

瀧安寺から仁和寺までは徒歩で15分、仁和寺から退蔵院までも徒歩15分です。

退蔵院から天龍寺までは、JR花園駅からJR嵯峨嵐山まで二駅5分です

1、瀧安寺 りゅうあんじ(世界遺産)

世界的に有名なロックガーデンです。

石庭のしだれ桜は必見です。

世界をうならせた枯山水の方丈庭園は、別名「虎の子渡し」

白砂に配された15の石は、どこからも一度に見渡すことができないなど、謎多き庭園です。

桜とロックガーデンの取り合わせは、石に華やかさを添えます。

平成31年6月10日まで ふすま絵9面を特別公開中。

京都府京都市左京区瀧安寺御陵下町13
京福電車 瀧安寺下車 徒歩7分
市バス・JRバス 瀧安寺下車徒歩1分
拝観料 500円
8〜17時
無休
P100台(石庭拝観者に限り1時間無料)

2、仁和寺 にんなじ(世界遺産)

五重の塔と遅咲き御室桜で有名(見頃は、11〜14日と予想)

五重の塔・仁王門・御影堂・金堂は、台風21号の被害があり修復中ですが、北庭から見える桜は、見事です。

紅葉でも大変有名で、白砂と池の奥に五重の塔が眺められる北庭は、絵画のように美しいです。

京都府京都市右京区御室大内33
京福電鉄 御室仁和寺 徒歩3分
JR・市バス 御室仁和寺から徒歩すぐ
拝観料 500円
9〜16時半
無休
P 100台(500円)

スポンサーリンク

3、退蔵院 たいぞういん(国宝「瓢鮎図」所蔵)

狩野元信の作と言われる枯山水庭園「元信の庭」は、常緑樹を多く使い、年間を通して、美しい姿を見せてくれます。

庭園では、抹茶もいただけて、ゆっくりできます。

如拙による日本最古の水墨画 国宝「瓢鮎図」(模本)が観れる。

四季折々の樹木や草花が華やぎを添える池泉回遊式庭園「余香苑」がある。

右京区花園妙心寺町35
JR花園駅から徒歩6分
拝観料 600円
抹茶 500円
9〜17時
無休
妙心寺駐車場利用

4、天龍寺 てんりゅうじ(世界遺産)

700年前、天才作庭家 夢窓疎石が作った広大な庭。

中央の曹源池を巡る池泉回遊式庭園で、嵐山や亀山を借景にした借景式庭園。

史跡・特別名勝の第1号に指定された名庭中の名庭。

法堂にて、春・夏・秋の特別参拝時には、雲龍図が公開される。(500円)

雲龍図は、1997年に完成した日本画家・加山又造の傑作。

法堂の天井に描かれた龍がにらみつける構図は見るものを圧倒し、息をのむほどの迫力がある。

春の特別参拝(毎日公開)
 期間:2019年3月2日(土)~5月19日(日)

夏の特別参拝(毎日公開)
 期間:2019年8月10日(土)~18日(日)

秋の特別参拝(毎日公開)
 期間:2019年8月31日(土)~12月1日(日)と[嵐山花灯路]期間

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
京福電鉄嵐山線「嵐山」駅下車前
市バス11,28,93で「嵐山天龍寺前」下車前
京都バス61,72,83で「京福嵐山駅前」下車前
庭園拝観料 500円 諸堂も拝観する場合は300円追加
8時半〜17時半
無休
P100(1000円)

スポンサーリンク