スポンサーリンク

結婚や出産、退職後に生活スタイルや体型が変化して、持っている洋服が合わなくなったいることはありませんか?

クローゼットの中には、たくさんの洋服があるけど、うまく着こなせていない。

流行に合わせて買った服がランダムにあり、組み合わせがうまくいかない。

似合う服、似合わない服の仕分けや整理整頓ががうまくいかない。

クローゼットを上手に整理して、今のライフスタイルや体型に合った洋服を着こなしたいですよね。

ヒルナンデスに登場したスタイリストの金川文夫さんのクローゼット整理の法則が見事でしたので、ご紹介いたします。

それは、流行やトレンドで決めるのではなく、

その人にあったもの、その人のコンプレックスをカバーできる洋服を残すのが一番だそうです。

私たちはついつい、流行やトレンドを追いがちですが、それが着ない洋服を増やしてしまう1番の原因かもしれません。

自分にあった洋服とは、自分のコンプレックスをカバーしてくれる洋服。

自分を生かす洋服を見極めて、クローゼット整理をしてみませんか?

トップス

デコルテがあいてる方が痩せて見えるし、小顔効果がある。

丸首・ハイネック・・・首回りにボリュームがあるので、肩幅が広い方や肩の太さが気になる方は不向き

ハイネック・クルーネック・・・胸から肩まで厚みのない人向き

ロング丈カーディガン・・・腰回りや二の腕が気になる人向き。縦のラインを強調してくれるので、全体のシルエットを細長く見せてくれる効果がある。

パフスリーブ・・・二の腕が気になる人には難点

ドルマンスリーブ・ドロップショルダー・・・・肩から袖の境界線を曖昧にしてくれるので、肩幅が広いことで悩んでいる人向け、肩幅を強調したくない人向け。

肩周りにボリュームがあるレースやフリル付き・オフショルダー・・・なで肩の人向き

シャツ

リネン・ライトポプリン・柔らかい素材・・・なで肩の人には不向き

スポンサーリンク

オーバーサイズ・・・体のラインが出ないので、上半身の厚みが気になる人向き

タイトのシャツ・・・流行でいうとタイトなシャツはあまりトレンドではない。

シャツワンピース・・・お腹周りを隠してくれる。手首・足首だけを出しているので、着やせ効果がある。縦のストライプなら、より着やせ効果が上がる。

パンツ

サブリナパンツ・ガウチョパンツ・・・背の低い人は、足が短く見えてしまう。身長の低さを強調してしまう。背の高い人には、かっこよく見える

テーパードパンツ・・・お尻や太ももに余裕があるパンツ。裾に向かって細くシェイプされているので、お尻や太ももを隠してくれ、足首をきれいに見せてくれる。

お腹周りを細く見せたい方は、トップスを淡い色、ボトムスを濃い色で組み合わせるのがポイント。上下でメリハリがうまれるので、着やせ効果が期待できる。

スカート

ひざ丈の台形スカート・・・スタイルがよく見えない

ギャザータックのスカート・・・下半身を目立たなくする効果がある。お腹周りがきになる人向き

タイトなロングスカートには、ペプラムトップスを合わせれば、全身がほっそり見えるだけでなく、足長効果がある

柄物のスカートを履くときは、スカートの色に合わせた無地のトップスを合わせるのがオススメ

フラットシューズは、飾りのないシンプルなものがオススメ。

シンプルなバレエシューズはコーディネイトしやすい

ベージュのパンプスは、足元が素肌と同化するので足長効果がある

プラットフォームサンダル・・・厚底なので、身長が高く見え、疲れにくい。

飾りのあるもので高級ブランドは少ない。

飾りがないシンプルな靴が洋服に合わせやすい。

飾りがあると安バレしやすい。

安いものでも高く見せるのがおしゃれ。

まとめ

洋服を見直すタイミングは、買ってから5年が一つの目安とのこと。

5年を過ぎたアイテムは、違和感を与えるので、

違和感=ダサいファッションにならないように注意は必要です。

その上で、クローゼット整理は、自分にあったもの、自分のコンプレックスをカバーできる洋服を残すのが大事です。

スポンサーリンク