スポンサーリンク


頭がうまく働かず、気分が沈みがちである。

いつも体がだるく、活動的になれない。

集中力が続かない、何をやっても長続きしない。

それは、もしかして、セロトニン不足かもしれません。

セロトニンは、脳内の情報伝達物質で、気持ちをリラックスさせ、集中力を高めます。

セロトニン研究の第一人者で、セロトニンDojoを主催している有田秀穂氏は、セロトニン神経を鍛えることで、どんなストレスフルな社会でも生き抜くことができると述べています。

これから紹介する「朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニングー 薬に頼らず心と体がみるみる健康になるー」本では、簡単に、セロトニンを増やす方法を紹介しています。

第1章
セロトニン・トレーニングは、朝の5分間が勝負
1、朝は、ダイヤモンドの時間
2、ビジネスは朝
3、忙しい朝を有効に使う
4、朝は、セロトニンが作られる時間ーetc
第2章
セロトニンにはいろいろな働きがある
1、セロトニンって何?
2、自然のリズムとからだのリズム
3、脳内オーケストラの指揮者
4、体をアイドリング状態にーetc
第3章
「こころ」を演出するセロトニン
1、脳の仕組みはこうなっている
2、快感をつかさどるドーパミン神経
3、脳の危機管理センター、ノルアドレナリン神経ーetc
第4章
セロトニンのメカニズム
1、セロトニンの分泌のしくみ
2、セロトニンが増えた時の「こころ」の反発
3、セロトニンはリサイクルできる
4、ストレスの正体はーetc
第5章
朝5分で簡単にできるセロトニンを増やす方法<基本編>
1、楽しくできるリズム運動を活用する
2、布団の中でできる運動
3、朝は、日光をたっぷり浴びる
4、アイウエオを発声しようーetc
第6章
余裕があるときにはこんなことをやってみよう<応用編>
1、セロトニン・トレーニングを習慣化する
2、食事からセロトニン原料をうまく摂取しよう
3、水泳は全身を使ったリズム運動ーetc

スポンサーリンク

まとめ

セロトニン・トレーニングは、お金もかからないし、時間はわずか朝の5分間、広い場所も道具もいりません。

セロトニンの大切さを少し学んで、朝の光を浴びて、とりあえず、5分間のリズム運動。

だるい、面倒くさいは、セロトニン不足かも。

ちょっとした心がけだけで、誰にでも簡単にできます。

セロトニン・トレーニングを習慣にして、落ち着いた心と集中力を手に入れましょう。

朝の5分間は、セロトニンを増やすゴールデンタイム。

有田秀穂氏は、セロトニン神経を鍛えるため、楽しみながら健康になれるセロトニンDojoもされていますよ。

スポンサーリンク