スポンサーリンク

三朝温泉から車で15分、三徳山三佛寺があります。

国宝 投入堂までは、片道約1キロの登り坂で、非常に険しく、木の根を伝ったり、崖をよじ登ったり、鎖伝いに岩山を超えたり、難所が数々待ち構えています。

途中何度も、「ここを行くのか・・・」と、困難を感じますが、心を奮い立たせ、登って行きます。

そして、たどり着いた時の感動は、ひとしおです。

標高520メートルの岩壁に張り付くように建てられた不思議な建築物。

日本でも代表的な「懸造り建築」で、平安時代後期に建てられた現存する神社建築物では、最古クラスのものです。

こんな険しいところに誰がどうやって建てたのかは、ミステリーですが、役の行者が法力で投げ入れたという伝承があり、投入堂の名前の由来になっています。

*懸造りとは・・・急な崖や山の斜面にへばりつくように建てられた寺院建築。

山が多く、平地の少ない国土を克服するために生み出され、世界ではあまり類がない。

参拝登山に適したスタイル

・運動しやすく、汚れても良い服装。(スカート、ワンピースは禁止)

・手袋・軍手(滑り止め付きがおすすめ)

・帽子(日よけ・頭の保護)

・リック(必ず両手が使えるようにする)

・水分(山の中に水場はないので、飲み物持参。食べ物は不可)

・トレッキングシューズ(滑らない靴底のもの)

投入堂参拝ルート

1、三佛寺の本堂にまずはお参りして、安全祈願する。(阿弥陀如来・大日如来・釈迦如来の三尊が安置)

2、登山事務所で、名前・人数・時間を記入して、入山手続きをする。(必ず、二人以上で登る。幼児の登山は禁止)

靴と服装のチェックを受ける。

靴底の溝が浅い場合は、危険なので、わらぞうり(700円)を購入して、履き替える。

輪袈裟を貸与されるので、懸ける。

山中は、トイレがないので、トイレを済ませる。

3、宿入橋(やどいりばし)を渡り、山の中へ

4、最初の難関は、カズラ坂(ほぼ直角に近い斜面で、気の根っこを支えにして登る)

5、文殊堂手前の難関は、クサリ坂(大きな岩に鉄のクサリが、一本ぶら下がっているので、岩に足をかけながら、鎖をしっかり持ち、登る)

スポンサーリンク

6、重文 文殊堂(クサリ坂を登ったところに建つ舞台造りのお堂で、回廊になっているので、時計回りに参拝する。景色が綺麗。手すりがないので、注意する。)

7、重文 地蔵堂(本尊は、地蔵菩薩・子守権現。履物を脱いで、時計回りに参拝する)

8、鐘楼堂(鐘をついて参拝する。この重い鐘もどうやって運んだのでしょうね。昔の人は、とにかくすごい。)

9、牛の背・馬の背(両側が割れた岩肌をツタを頼りに、とにかく登って行く)

10、納経堂(平安時代後期と伝わる春日造りの最古クラスの建築)

11、観音堂(本尊は十一面観音像で、1648年に再建される。胎内くぐりを抜けると、投入堂まであと少し)

12、国宝 投入堂(本尊は金剛蔵王大権現)

投入堂まで、片道約45分の参拝登山でした。

崖の上に建つ投入堂は、神秘的な威厳さがあります。

なかなかハードな、国宝参拝ですが、生きるパワーをいただきました。

下山は、行きより体力の消耗を感じました。

下山後は、三朝温泉の湯めぐりもおすすめです。

参詣案内

・参詣時間:8:00〜17:00

・入山料:大人400円 小・中学生200円

・投入堂入山:8:00〜15:00

・志衲金:大人400円 小・中学生200円

・注意事項:動植物採取の禁止、火気持込禁止、行者道荒廃を防ぐため、運動ぐつかわらぞうりでの入山を推進、ゴミ投げ捨て禁止

スポンサーリンク