スポンサーリンク


朝、なかなか起きられない。

午前中は、ずっと横になっている。

立ち上がろうとするとめまいや立ちくらみがする。

午後になると元気になるので、夜更かししてしまう。

学校を休みがち。

周りからは、だらだら怠けているようにしか見えない。

元気なはずの子どもが、こんな症状なら、起立性調節障害かもしれません。

起立性調節障害は、体の機能を調節する自律神経系の病気です。

思春期(中高生)に、増えている病気です。

精神的ストレスで症状が悪くなります。

命に関わるものではありませんが、適切に対処しなければ、不登校や引きこもりで苦しむことになります。

一番辛いのは、本人なので、本人の辛さを理解して、周りは、回復のための手助けができると良いですね。

「起立性調節障害がわかる本」の著者である田中英高氏によると、起立性調節障害のチェックポイントがあります。

以下の11項目で、3つ以上あり、4つのサブタイプのいずれかに当てはまると、OD(起立性調節障害)と診断されます。

起立性調節障害のチェックポイント

1、立ち上がったときや立っているとき、気持ちが悪くなる、失神する。

2、立ちくらみやめまいがする。

3、少し動くと心臓がドキドキする、あるいは息切れがする。

4、朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い。

5、入浴時、あるいは嫌なことを見聞きすると気分が悪くなる。

6、食欲がない。

7、頭痛がある。

8、顔色が悪い、青白い。

9、お腹が痛い。

10、乗り物に酔いやすい。

11、体がだるい、疲れやすい。

起立性調節障害の4つのサブタイプ

起立直後性低血圧・・・立ち上がったとき、血圧の低下が大きく、血圧の回復が遅れる。

体位性頻脈症候群・・・立っているときに、血圧の低下はないが、著しい心拍の増加が起こる。

神経調節性失神・・・立っているときに、突然血圧が低下し、意識が低下したり失神(脳貧血)を起こしたりする。

遷延性起立性低血圧・・・立ち上がってしばらくしてから、血圧が著しく低下し、動機や気分不良などを起こす。

症状が疑われたら、まずは、小児科の医師に相談してみましょう。

「起立性調節障害がわかる本」では、症状の見極めから治療法まで徹底図解されています。

「起立性調節障害がよくわかる本」の内容構成

第1章 一見怠け者?しかしその実態は・・・

第2章 医療機関で正体を見極める

第3章 家庭で子どもを見守る

第4章 学校を過ごしやすい環境にする

第5章 自立して生活するために

まとめ

起立性調節障害は、体の機能を調節する自律神経系の病気。

スポンサーリンク

症状に気づいたら、中高生でも小児科を受診する。

起立性調節障害は、交感神経の活動が低下していることにより、血圧が低下して、脳や全身への血流が維持されない病気。

血流が悪いので、酸素や栄養も不足気味で、疲れやすい。

血流をよくするために、塩分や水分を十分とることが必要。

本人の辛さに寄り添いながら、栄養のある食事、軽い運動、睡眠の生活リズムをしっかり整えましょう。

夜更かしや、不規則な生活は、自律神経の乱れを作るので、改めましょう。

スポンサーリンク