スポンサーリンク

「小児科医の僕が伝えたい最高の子育て」高橋孝雄著は、子育て中のお父さん、お母さんに読んでほしいナンバーワンの本です。

高橋氏は、慶応義塾大学医学部 小児科主任教授です。

専門は、小児科一般と小児神経です。

小児科医36年間の経験に基づく本ということで、究極の子育て論に仕上がっています。

もし、子育てで、悩んでいるお父さん、お母さんがおられたら、ぜひ、この本を読んで、高橋氏の視点で、子どもを見守ってみてください。

第1章 子どもの個性、能力は親から受け継いでいる。

子どもの個性、能力や才能は、おとうさんとおかあさんから受け継いだ遺伝子によって
約束され守られています。

ほかの子や標準値と比べて一喜一憂せず、お子さんの未来を信じて成長を見守りましょう。

「トンビがタカを産む」は、遺伝的にはありえません。

男の子はママ似、女の子はパパ似。医学的な根拠はありません。

遺伝子は変わらないけれど、進化のための「余白」はあります。

背の高さは親に似ますが、±8〜9センチのゆとりがあります。

お酒に強い弱い、まったくの下戸。親の特性がシンプルに伝わります。

運動が苦手、体育ぎらいも親に似ます。

環境の影響はほとんどありません。

遺伝で決められた「苦手なこと」も、努力で克服できる余地はあります。

トップアスリートであっても、極上の遺伝子の持ち主とは限りません。

体重300グラムで生まれた赤ちゃんも、遺伝子に守られ、力強く生き抜きます。

生まれてきてくれただけで、遺伝子は十分に仕事をしたのです。

第2章 悩める子育て、いったいどうすればいい?

子どもの人生をよりよくするには、持って生まれた才能や個性をそのまま花開かせてあげればいいだけ。

情報に振り回されるのは無意味です。

いちばんの胎教は、お腹の子どもに話しかけること。

母乳が出なければミルクでOK。

おかあさんがラクな方法を選びましょう。

「理想の母」を追い求めないで。

子どもが好きなのは、いまのおかあさん。

孤独な育児に疲れてきたら、SOSを発してください。

保育園に預けて、働くおかあさん。

短くても濃い時間があれば大丈夫です。

「早くしなさい」と言いすぎない。

子どもから考える力を奪います。

人よりちょっと早くできるようになるだけ。

早期教育はほとんど意味がありません。

お受験で気をつけてほしいこと。

面接する側は、正直さや個性を見ています。

小学一年生は、家庭からの脱皮。

先生を尊敬し、任せてください。

発達に不安があるなら、なおさら意識してほめましょう。

習い事は、長続きしなくてもいい。

むしろいろいろなものに挑戦させるべき。

勉強しなさい、は逆効果。

伸びるタイミングは自分でつかませる。

英会話の勉強は誰のため?

親の自分が始めてみてもいいんですよ。

理想が高すぎる「あとで後悔したくない症候群」。

子育てに、目標到達点はありません。

遺伝子スイッチが激しく点滅する思春期。

手出しも口出しもせず、見守りましょう。

日本の義務教育の質は高いです。

余計なお金はいりません。

どんな子どもでも、みんな、才能のシグナルを発信しています。

遺伝子の描くシナリオには余白があります。

才能はいつ花開くかわかりません。

食べ物で頭がよくなることはありません。

楽しく食べることが、なによりも大事です。

不登校の子どもには、休息が必要。

「行かなくていいよ」と伝えます。

スポンサーリンク

全部、自分でやらなくていいんです。

ヒラリー・クリントン流の子育て。

第3章 親が心がけたい、子育てにいちばん大切なこと

勉強ができる、運動ができる。

それも立派なことでしょう。

でも、何よりも大事なのは、「共感力」「意思決定力」「自己肯定感」、この3つです。

これを身につけられるようにするのが親の務めです。

「共感力」「意思決定力」「自己肯定感」

3つのチカラが子どもをしあわせに導きます。

子どもはみな自己肯定感を持っています。

どうかそれを壊さないでください。

他人と比べない、こまめにほめる。

それが、自己肯定感を伸ばす基本です。

親の育児不安やストレスが、自己肯定感を下げる原因になることも。

意思決定の始まりは2歳から。

どんなことでも尊重してあげましょう。

意思決定を自分でできることが、しあわせな人生を歩む秘訣です。

上手な言葉がけをすることで、子どもの共感力は育ちます。

親だけでなく、育児をする人みんなが健康でいることが大事です。

男と女は平等ですが、特性は違います。

子育てには、それぞれ出番があります。

子どもの心が開きやすくなる、ちょっとしたコツをお教えしましょう。

第4章 病児とのかけがえのない出会いが教えてくれたこと

小児科医として、多くの病児と巡りあってきました。

子ども自身が本来持つ力と環境の力を思い知らされたこともたびたびです。

子育てに悩むおかあさん、おとうさんにも知ってほしいことです。

母親の愛情から遮断された少年。

それでも生き続けた”親思いの遺伝子”。

小児白血病を克服し、母となった女の子。

母として絶対に失いたくないものとは。

死期が迫り、天使となった少年。

最期に手にした父性の輝き。

まとめ

標準値や他の子と比べないこと。

どの子も親から受け継いだ素晴らしい素質を持って生まれてきている。

親の務めは、温かく見守ることだけ。

情報に左右されないこと。

理想を求めないこと。

発達に不安があるなら、なおさら、意識して、褒めること。

子育てで、何より大事なことは、「共感力」「意思決定力」「自己肯定感」の3つ。

子どもに、「共感力」「意思決定力」「自己肯定感」を身につけられるようにするのが親の務め。

とにかく、他人と比べない。こまめに褒めることを勧めています。


→小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て[Amazon]
→小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て[楽天市場]

スポンサーリンク