スポンサーリンク

フェレットは、見ているだけで、心が和む、とても愛らしい動物です。

そんなフェレットの育て方と注意する点をお伝えしていきますね。

フェレットはケージで飼いましょう

フェレットは、好奇心がとても旺盛で、アクティブな動物です。

狭い細いところを通り抜ける天才で、脱走の名人でもあります。

普段は、ケージの中で過ごさせ、一緒に遊ぶ時や見守りができる時に、ケージから出してあげましょう。

ケージの大きさは、一匹あたり70cm×50cm×45cm位が理想です。

フェレットが、快適に暮らせるように、ケージの中には、
広めのトイレ(フェレット用砂を敷く)
ハンモック
フェレット用給水ボトル
ブランケット
フード皿(ひっくり返せない陶器製か固定できるもの)を準備しましょう。

自分でケージを開けてしまう子もいるので、しっかりした鍵、隙間のない、丈夫なケージが必要です。

フェレットは、綺麗好きなので、ケージは、時々丸洗いしましょう。

ケージの設置するところはどこに?

ケージで寝ている時間が長く、音に敏感なので、騒がしいところはストレスになります。

静かで、風通しが良く、直射日光が当たらないところに設置しましょう。

DSC_0341

フェレットの平熱は、40℃近いので、暑さには弱く、熱中症にかかりやすい動物です。

夏場は、一日中エアコンをかけ、クーラーマットや通気性の良いハンモックを使用しましょう。

湿気も苦手なので、梅雨時は、除湿してあげましょう。

フェレットは、寒さには強いのですが、氷点下の時は、厚い毛布を入れたり、エアコンをつけたり、適温を保てるように気を付けましょう。

ケージの外に出す時の注意

フェレットは、もぐるのが大好きです。

カーペットに潜り込んで踏まれたり、ドアの隙間に入り込んで挟まれたり、感電、窒息、溺死などの事故が起こらないよう十分留意しましょう。

フェレットには、帰巣本能が無いので、家からでたら、戻るのが難しいです。

脱走対策は、万全に。

もし、逃げ出してしまい、周りを探しても見つからないときは、チラシを配ったり、警察や保健所に連絡しましょう。

フェレットは、ものをかじる習性もあるので、誤飲には、注意しましょう。

かじられないように、大切なものはしまっておくか、カバーを付けたりしましょう。

しつけ用のスプレーもあります。

散歩する場合は、リードとハーネスは必需です。

他のペットや他人との接触は、病気の感染やかんだりかじられたり、トラブルになる可能性もあり、注意しましょう。

動物病院、予防接種について

フェレットに詳しい獣医さんは少ないので、先ずは、購入したペットショップで聞きましょう。

飼い始めたら、なるべく早く動物病院に連れて行き、健康チェックと予防接種を受けましょう。

4歳からシニアになり、病気になるリスクも高くなるので、かかりつけの獣医さんがいると安心です。

フェレットが伝染すると死に至る病気として、犬ジステンバーがあります。

初年度は、3回、その後は、一年に一回、必ず接種しましょう。

他に、蚊が媒介するフィラリア症も怖い病気です。

蚊の出る季節には、フィラリア予防薬を飲ませましょう。

散歩させるときは、ダニ予防も必需です。

エサ、おやつ、飲み水について

フェレットは、肉食なので(消化器官が短い)、糖質や炭水化物はいりません。

食物繊維は下痢の原因になります。

市販のフェレット専用フードを2種類ぐらい混ぜて使うのが良いでしょう。

成長期用、シニア用のフードがあり、年齢に合わせたフードを与えましょう。

フード皿はいつも清潔に、1日に2〜3度、新しいフードを与えるのが良いでしょう。

おやつ(フェレットバイトなど)は、しつけのご褒美やコミュニケーションに利用する程度にしましょう。

与えすぎるとエサを食べなくなります。

フェレットの食事は、ドライフードなので、1日にたくさんの水を飲みます。

常時新鮮な水が飲めるようにしましょう。

フェレットセレクション パフォーマンス(3.5kg)【セレクション(SELECTION)】【送料無料】

スポンサーリンク

トイレトレーニングについて

フェレットは、同じところ(隅っこ)に排泄する習性があります。

ケージの中のトイレの隅にウンチの匂いをつけておくと、そこがトイレと認識します。

フェレットは、綺麗好きなので、トイレが汚れていると、使わなくなる時があります。

トイレは、こまめに掃除しましょう。

ケージの外でしてしまったら、そこをトイレと認識してしまうので、ペット用消臭スプレーできちんと掃除をしましょう。

トイレは、寝起きか食事の後にすることが多いので、そわそわし出したら、トイレに運ぶなどして、根気よくしつけましょう。

成功したときは、たくさん褒めてあげましょう。

遊び方について

フェレットは、動くものを追いかける習性があるので、ボールや猫じゃらしは大好きです。

もぐる習性があり、ペットボトルでトンネルをつくると、喜んで潜ります。

穴を開けたダンボール箱の出入りも大好きです。

音が鳴るおもちゃは飛びついてきます。

気に入ったおもちゃを隠したり、一人遊びもよくします。

仕草でわかるフェレットの気持ち

フェレットは、鳴かない動物ですが、嬉しいときやご機嫌なときは、クックッと喉を鳴らします。

警戒するときや威嚇するときは、シューシューと音をだし、後ずさりします。

後ろ足で立っておねだりします。

足にしがみついたり、あまがみするのは、かまってほしいサインなので、しっかり一緒に遊んで、コミュニケーションをとりましょう。

定期的なケアについて

歯のクリーニング・ブラッシング(毎日)

爪切り・耳掃除(週一くらい)

シャンプー(月に一度ぐらい)

かみぐせについて

特に、子どものフェレットは、歯の生え変わリ、お腹が空いた時、嫌な時は、噛むことはあります。

何かのサインなのですが、かみぐせにならないように、噛まれたらすぐに、首の後ろをつまんで、ダメと教えましょう。

繰り返すことで、理解して落ち着いてきます。

においについて

掃除や換気をこまめにして、ペット用消臭スプレーを利用しましょう。

ハンモックやブランケットはこまめに洗濯しましょう。

まとめ

フェレットは、寝ている時間が長い動物で、散歩の必要もなく、鳴かないので、マンションやアパートでも飼いやすい動物です。

手もあまりかからないので、留守がちでも飼う事ができます。

フェレットの命は、人間の10倍のスピードで、成長・老化していきます。

一日でも長く、一緒に過ごせるように、快適な環境を整えてあげましょう。

フェレットの無邪気で、可愛い仕草は、きっと飼い主さんの心を楽しませてくれる事でしょう。

スポンサーリンク